こんな症状の方は注意が必要!

糖尿病や生活習慣によく見られる例

  • 食べ始めたら止められない
  • 脂っこい物が多い
  • 胃から喉のあたりまで戻ってくる
  • 寝る直前の食事をよくある
  • 野菜をあまり摂らない
  • アルコールをたくさん飲む
  • 座ってから立ち上がると立ちくらむ
  • 間食をよくする
  • 喉が渇き易い
  • 甘い飲みをよく飲む
  • 尿が臭い、泡立つ、油が浮く
  • 運動をしていないのに筋肉痛のようになる
  • 手や足の先が痺れ易い
  • 手が勝手に震えることがある

糖尿病は日本で五人に一人発症しているとされています。


暴飲暴食や過食によって、食べ過ぎてしまうかたは要注意です。

最近食べ過ぎているなぁと感じて不安にはなるけど、病院で検査にく暇が無い方は自宅で手軽に検査ができるメディチェケがおすすめです。

メディチェケは血液検査専門なので、いくつもの特許や事故の起こりにくい針を使うなど安全性や検査精度の高い検査キットが提供されています。

検査キットの針など棄てるのに悩むものも引き取ってくれるなどアフターサービスも充実しています。

糖尿病だけでなく、高血糖、高脂血症、肝機能、腎機能などの生活習慣病をチェックできる検査キットもあるので、お酒をよく飲んで調べて見たい方にも向いています。

病院と同じ精度の検査が自宅で簡単に出来る こちら検査キットの詳細はこちら!


実際に自宅で検査をする流れ

@到着後の箱と中身

注文してから私の住む大分県までは二日くらいでした。仕事の繁忙期と重なる事が無かったので利用しませんでしたが、時間帯指定や曜日指定もできるようです。

取り忘れてしまって上の左側の写真は梱包が取れた状態ですが、箱の中には丸めた紙が入っていて、そこにプチプチで包まれた検査キットが埋められた状態でした。



A規約(左)と検査の手順(右)

左の写真は規約です。中々細かいですが一様読んでおきます。

右の写真は検査の手順が書いてあります。フルカラー写真なので分かりやすいです。



B検査の準備

手順書に従って検査の準備をしておきます。今回は分かりやすくするために床で行っています。写真に写っている赤色の道具が針で、予備で二つありました。



C血を吸わせる

針でサクッと刺して、血を絞って吸わせてみました。人によるかもしれませんが、私は痛みはあんまりありませんでした。

画像の赤いやつを指に押し付けると針が出てきて、指に小さな穴を開ける感じです。

押し付ける都合上、空中で行なうと失敗する確立が高いので刺す時は指をしっかりと置ける場所で行なうことが必須のようです。


針を刺した後は指を説明書どおりに何回か揉んで血を絞って、指定の道具に吸わせる作業を繰り返して元々は白かった先端部分が真っ赤になるまで行ないました。


D分離する作業

また写真を撮り忘れていたのですが、血を吸わせた後は分離器で分離する作業を行ないました。

分離器には元々よくわからない液体が入っていて、説明書どおりに作業すると上の画像では分かりませんが黒を境目に上に透明の液体と下に赤色の物体に分かれました。これが分離している状態なんだと思います。


E投函

後は使った器具は回収してくれるそうなので、分離した血液と一緒に容器に戻して、紙に必要な事を書いて同封されていた封筒にいれて、郵便ポストに投函して検査結果を待って終わりです。



健康が不安でも自宅で検査をしたい! こちら 自宅で簡単!手軽な糖尿病検査の詳細はこちら!
YouTubeに検査キットの使用法の動画がありました。

検査結果

検査の結果は、検査後に自分だけが入れるページと郵送によって知る事ができます。

郵送の方は約1週間ほどで届きます。


検査結果が書かれたページは90日間ほどみれます。私はガラケー使いですが、そこそこ機能の良いガラケーでもみれましたそれと、設定したパスワードを忘れても、記載した(してたら)メールアドレスをパス代わりに閲覧できるようです。



では今回の私の検査結果はこちらです↓


ログアウト
お問合せ番号:xxxxxxxxxxxxx
商品:生活習慣病+糖尿病
状態:検査終了
採血日:2014/03/15
検査日:2014/03/18
報告日:2014/03/19
報告書発送日:2014/03/19

*???* 必ずお読みください *???*
ガンマーカーや感染症などの検査はスクリーニング検査です。
結果が陽性(+)でも病気あるいは感染したと診断(確定診断)されたわけではありません。
もし、結果が陽性だったお客様は、医療機関にてご相談および再検査されることをお勧めします。
*?↓↓ 検査結果 ↓↓?*

検査項目 測定値 判定
[正常値] 単位
【栄養状態】
・TP 7.2 good!!
[ 6.5 〜 8.0 ] g/dl
・Alb 4.6 good!!
[ 4.0 〜 5.1 ] g/dl

【肝機能】
・GOT 26 good!!
[ 〜 45 ] IU/L
・GPT 10 good!!
[ 〜 39 ] IU/L
・γ-GTP 7 good!!
[ 〜 79 ] IU/L

【脂質代謝】
・TC 202 good!!
[ 140 〜 219 ] mg/dl
・HDL-C 56 good!!
[ 40 〜 99 ] mg/dl
・TG 39 good!!
[ 30 〜 149 ] mg/dl

【尿酸】
・UA 4.6 good!!
[ 2.5 〜 7.0 ] mg/dl

【腎機能】
・BUN 8.7 good!!
[ 8.0 〜 22.0 ] mg/dl
・CRE 0.5 NG*
[ 0.6 〜 1.1 ] mg/dl

【糖代謝】
・Gluc 65 good!!
[ 65 〜 109 ] mg/dl
・HbA1c(JDS) 5.0 good!!
[ 4.3 〜 5.8 ]
・HbA1c(NGSP) 5.4 good!!
[ 4.6 〜 6.2 ]




わりかし健康らしい感じです。下の体験談でも書かせて頂いたのですが、一年以上食べまくっていたので糖尿病になっていないかかなり心配していたので、とりあえず一安心という感じがします。ただ心配だった糖尿は問題ありませんでしたが、腎機能が低下しているようなので、食生活を見直す必要はあります。


ちなみに公開されているページでは【糖代謝】や【尿酸】などの【 】でくくってある場所がリンクになっててどういう意味なのかを参照することができます。


結果の項目の更に下には身長と体重が続いていましたが、恥ずかしいので切りました(笑)



\自宅で簡単!糖尿病検査/

過食症気味だった私が決めるまでの体験談

別の職場に異動する事が決まり、新しい職場へと移るにあたり引越しすることになりました。元々住んでいた場所の近くにはコンビニやスーパーは無く一キロちょっと離れた場所まで買いに行かなくては行けませんでしたが、新しく住む所には徒歩で5分程の場所ににコンビニがあるという便利な場所でした。


引越しも終わり仕事も慣れてきたのですが、前の職場の様に顔見知りもいなく仕事の難易度も上がったことで、私は以前なら利用する事が全く無かったコンビニの常連となっていました。以前までの私は自炊派、天然派を貫いて残業から帰ってきたとしても料理を作っていましたが一度「楽」を覚えてしまうと、料理がとても面倒に感じて弁当やカップラーメン、食後のおやつ用のジャンクフードにまみれる生活へと変貌してしまいました。

特におやつが酷く作業感覚で食べたり、衝動的に暇食いしてしまったりして食後の罪悪感に苛まれていましたが、こんな生活を一年と続ける内に不思議と何も思わなくなりました。

それよりも食費が上がった事の方がショックが大きかったです。


そして次にダメージが大きいのが前の職場では誘われる事の無かった、飲み会などの催しに参加する事が多くなり、そこでもうっかり食べ過ぎてしまい背中痛や胃痛、吐き気、胸やけに襲われて次こそは抑えようと誓っても全然守れないことが殆どで自分が情けなくなって苛立ってしまうこともありました。


――

しばらくそんな食生活を続けていた私が食生活を本気で改善しようと思ったきっかけはケーキです。この日ほど後悔した事はないと思います。

その日は久しぶりにチーズケーキを作ったんですが、一度食べ始めてると食欲が暴発してしまい、食べると止められなくてあともう少しだけと理由をつけつつどんどん食べてたら、瞬く間に小さくなっていってしまい、もうここまで小さいなら全部食べてしまっていいんじゃないかなぁと、最後のいい訳をして一欠けらも残さずに食べ終わってしまいました。この時の私はとても満足して、充足感に浸っていたと思います。


異変は食べたその晩の事です。酷い吐き気と腹痛に襲われて何度も吐いたりして一旦落ち着いたので治ったのかもと思ったのも束の間で深夜に叩き起こされ、次の日も早朝から第二戦が始まる始末で、さすがにこれは不味いと嫌な汗を書いて風邪のような気持ち悪さと気だるさの中で会社に休む主旨を伝えました。今まで皆勤を続けていたからか電話ですごく心配された事が自爆しただけに地味に良心を締め付けめられました。その後は暫くぐったりしてからタクシーを呼んで、病院へ行きました、道中のグロッキー状態の私をタクシーの人が恐らくは吐かないか心配してくれていて、私もタクシー内で吐かないように神経を研ぎ澄ましてたと思います。ここらへんから病院の帰りまでの記憶はうろおぼえです。

病院でもずっと吐いたり吐き気がきたりを繰り返して横寝してぼうとしていたと思います。病院で吐き気や気分の悪さなどの薬を貰って帰りました。


背中の痛みと腹のどことも言えないほどの痛みがあって立つ事が辛く座るのも気持ち悪い感じで、吐き気や気分不良、頭痛と何もかもが最悪な状態が一日以上も続いて地獄で。結果的に二日間も会社を休みました

今までも背中の痛みに襲われる事はありましたが、それよりも酷いものでした。


考えて見るとここ一年ほど暴飲暴食がほとんどで、喉もよく乾くし手も震える痺れやすさもあって尿も泡立つ、立ちくらは当たり前だったりと糖尿病の不安を感じ始めてこれは不味いと思い、ケーキ事件から少し立ってから検査キットを買いました。


検査の結果は特に問題は無かったのですが、やはりこの食生活は見直す必要を感じたので、食べた物を公開する自制用のブログを書こうと決意したんですが、結局三日坊主で終わってしまいました。掲載されている画像には恥ずかしながら当時のなごりが残っています……


それからさらにたって食事に関しては大分自制できるようになったんですが、やはり崩れた食生活は直すのは難しいです。

すぐに楽な方に流れて、満足できることを優先してしまって自己嫌悪に時々陥ります。

食料を自宅から減らして暇食いや突発食いの危険性を減らして、家に置いているお金も限界まで抑えてコンビニに行き難くしました。後は他の事を考えたりしてなるべく食べ物から意識を逸らしたりもしています。


私の過食症は嘔吐などは含まないただ食べるだけで、金銭管理などで強引に抑えることができる比較的軽いほうだと思いますが、もし抑えきれない場合は専門の医療機関で見てもらう事をおすすめします。

私は過食症の専門的な事は分かりません。また過食症の原因は人によって様々で一概には言えませんが、多くはストレスが原因だそうです。なので誰か相談できる人を見つけて話して見たりする事も解決の糸口になるかもしません。

※寄稿分を一部の表現を変更して掲載さて頂きました。文章と画像ありがとうございます。

Copyright © 嘔吐の無い過食で糖尿病や生活習慣が心配な時は自宅で検査して不安を解消しよう! All rights reserved